緑の里保内(新潟県三条市) オープンガーデン

温泉施設を探す

都道府県から探す:

宿の形式から探す:

温泉の泉質から探す:

宿名・フリーワードを入力:

詳細検索はこちら

アドバイザーを探す

都道府県から探す:

宿名・フリーワードを入力:

詳細検索はこちら

正しい温泉の入り方

首までしっかり浸かる全身浴は、心臓が拡大し、肺の容量が少なくなるため、心臓の負担が大きくなります。ゆっくりのんびり入浴するには、みぞおちのあたりまでお湯に浸かる半身浴が最適です。下半身をできるだけ伸ばして全身を浮かすように浸かる方法もおすすめ。特に心臓や肺の弱い方、高血圧の方、高齢者には、浴槽のふちを枕に浮く寝浴をおすすめします。

入浴のポイント

  • 温泉入浴はなるべくぬるい温度でゆったり半身浴。
  • 浴槽のふちを枕に浮いた姿勢で寝浴。
  • 一般的には一日3回までが限度(高齢者は2回)。

1.まず「かけ湯」から

温度に体を慣らすため、かけ湯は念入りに。足から腰、肩、胸と順にかけていきます。

hairikata01

2.体を慣らす半身浴

いきなり全身を浸すのではなく、温度や水圧による急激な負担を避けるために半身浴で体を湯に慣らします。

hairikata02

3.入浴時間はほどほどに

入浴時間は、額がほんのり汗ばむ程度が目安。汗が流れ出るほどの長湯はやめましょう。

hairikata03

4.いったん休憩

浴槽から出てふちに腰かけ、足を湯に浸して、または洗い場で一休み。

5.浴中で手・足を動かす

2度目の入浴では筋・関節が和らいでいるので、浴中に手足の関節や筋肉を十分動かします。腰のひねりもよいでしょう。

6.浴後のシャワーは浴びないで

温泉の種類にもよりますが、せっかくの薬効成分を流してしまっては効果が薄れます。体を拭くのも水滴をぬぐう程度に。

hairikata06

7.水分補給を十分に

入浴により体内の水分は少なくなっています。ぬるま湯やお茶、スポーツドリンクなどで体を潤します。温泉が飲めれば飲泉です。

hairikata07

8.ゆっくり休む

入浴はエネルギーが消費されます。また、血圧も変動しますから、体調が安定するまで少なくとも30分以上は休憩を。その間に体と髪を乾かして湯冷めをしないように。

hairikata08
PAGETOP